術後・10日目

2005/05/01
正直、ヒマです。でも、私たちの病室は患者さんのたまり場と化してます。
大学在学中のSちゃんは、卵巣のう腫の手術が済んだばかり。病理の結果次第では、再手術も…。大学は休学したとのことでした。Sちゃんが目指しているのは、介護のほうの資格をとることです。
お母さんが、ずっとつきっきりです。大事な一人娘だもんね。早く良くなるといいね。
美容師のAさんも複雑な婦人科の病気でした。くわしくはわからない。結婚を目前にしての病気の発覚でした。すごい美人なんです~。彼氏もいい男なんです~。目の保養になるカップルだわ。治療がスムーズにいくといいな。
あとはKさんのお友達とか、日中はけっこう飽きないくらい人の出入りがありました。おかげで楽しい入院生活でした。

夜はKさんとふたりだけでした。連休が近いこともあって入院してくる患者さんが少ないのです。
この日は、ふたりでずーっとしゃべっていました。
「あなたがいてよかった。会えてよかった。あなたの笑顔に救われたよ。ありがとう」と言ってくださいました。うれしかった。
私こそ、Kさんがいなかったら、寂しい入院生活だったかもしれません。感謝の気持ちでいっぱいです。

明日は、いよいよ退院です。
17:01 術後の日々

術後・9日目

2005/04/30
今日は抜鈎の日です。
突然、呼ばれて処置室へ。怖いよ~。
待ち構えていたT医師がおもむろにピンセットを取り出しました。
「ちょっと痛いですよ~」取るたびに、チクッチクッとする痛みがありましたが、けっこうあっという間でした。
もう気分スッキリーーーー!!
ドレーン管の跡は自然治癒なんですが、なかなか良くならない。消毒して、ガーゼを替えてもらってから、明後日の退院へ向けての説明がありました。
お昼ごはんを食べてから退院するかどうかとか(笑)私は午前中の退院を希望しました。だって早く帰りたいし、お昼ご飯は、病院のフツーの食堂で美味しいのを食べたいじゃないですか。
10時までには、ベッドを出なくてはなりません。

伯父が迎えにきてくれることになりました。仕事の都合でどうなるかわからなかったけど、日程を変更したり、早く済ませたりして、退院の日は、仕事を休みにしてくれました。感謝、感謝。
母に、退院用に買っておいたワンピースを持ってくるようにお願いしました。新しい気持ちになにりたいからね。
17:15 術後の日々

術後・8日目

2005/04/29
今日は、ごはんを食べてから部屋のお引越しです。
ナースステーションからいちばん遠い、入院したときに居た、あの部屋です。やっと帰ってきたって感じです。もちろんKさんも一緒。この部屋に帰ってくるということは、今まで、部屋で食事をとっていましたが、これからは食堂に歩いていかなくてはなりません。
元気になった証拠です。うれしい。
Kさんにはお友達がいっぱいいて、ほとんど毎日お見舞いに来てます。ずごいなぁ。私も佃煮もらったりしました。
そのKさんは足に違和感があるみたい。トイレに行くにも休み休みです。私はというと、右足にちょっと違和感はあるけど、歩けないことはないです。

看護師さんに傷を見てもらって、「明日くらいは、抜鈎(ばっこう)だから、シャワー浴びてきていいよー」ってことだったので、シャワーに行きました。もう久しぶり~!!傷の上に張ってあった透明なテープを外してもらいました。痒かったから助かった!
手術後、初めて傷口を見ました。おへその横から下に向かって20センチくらい。最近はホチキスみたいなので止めてあるんですね。取る時痛そう。
お風呂の準備をしただけで汗だくです。しばらく休んでから、シャワーを浴びにいきました。もちろん髪も洗います。傷のところを優しく洗っていたら、おへそに血がたまってて、塊がボトッと落ちました。
げぇ~~~血なまぐさいぃ~!!
ちゃんと拭いてくれよぉ。

お風呂からあがってスッキリしたところに母がやってきました。
母と退院のこととかいろいろ話をしていたら、「こんにちわ~」とやって来たのは会社の同僚(女性です)!びっくりしました。入院することと、入院先は言ってたけど、病名は言ってなかったからびっくりしました。バレたかなぁと思ったけど、病名のこととかは言わずに、会社のこととかいろいろお話をして楽しかった。

帰り、玄関先までお見送りしたんだけど、病室に帰る前に気分悪くなってしまって後悔…。無理は禁物だわね。
13:32 術後の日々

術後・7日目

2005/04/28
入院していてすることといえば、テレビを見るか消毒するくらい。
CS放送の子供向けアニメが一日中、見放題でした。小児病棟がとなりだったからかな。私のお気に入りは「パンダーゼット」と「アルプスの少女・ハイジ」でした。そのほかにも「お茶犬」とかめずらしいのいっぱい見ました。

歩けるようになったので、売店まで行ってみました。
そのときに気付いたのが、患者用エレベーターに乗るお見舞いの人が親切じゃないってこと。ズカズカ入ってきて、押されて倒れそうになった。パジャマ着てるんだから患者だってわかるだろーがっっ!患者用に乗るって時点で、ちょっとお前違うだろって思うけど。

水とヨーグルト買ったんですが、それだけでもう全力疾走したあとみたいに疲れます。案の定、疲れきって午前中はほとんど眠っていました。
無理はするもんじゃないなぁ。

母が昼から来てくれて、いろいろと話をしました。話題といえば、猫の話とか母の友達の話。私もそろそろ友達に連絡したいな。
11:47 術後の日々 | コメント(0)

術後・6日目

2005/04/27
5/2に退院することが決定。
やったー!家に帰れる!
本当は、病理の結果が出るまで居ないといけないみたいだけど、T医師によれば、「連休で何もすることないしねー。後で聞きにくればいいから」ってことでした。いい結果だといいな。
ホッとしたのか、少し泣いちゃった。

おならも無事に出たし、快食快眠快便ですっ。
おなら出ないと腸閉塞になっちゃうからね。とにかく動いて、ヨーグルト食べまくりました。

この日は看護師さんたちが忙しそうだったので、母に髪を洗ってもらいました。
小さなことが幸せだよぅ…しみじみ。
21:07 術後の日々
 | HOME | Next »