術後・5日目

2005/04/26
今日は「白い巨塔」第2回。助教授の回でした。
助教授は医学生を引きつれてズラズラズラ。。。
さぞかし、気持ちよかろうなーと思います。私たち患者は腹を出して待ちます。かなり屈辱的だわ。
ようやく、私の番になって腹の傷を見た助教授。「あらー、(手術のときの)血を拭いてないじゃない。あとで拭いてあげるね」とおっしゃいましたが、結局は待てど暮らせど拭いてもらえなかったのでした。

お腹の中のドレーン管が気持ち悪い日々でしたが、ついにとれることに。
ご飯を食べたあとでしたが、すぐにT医師の呼ばれて、処置室でとりました。もう、痛いのなんの。抜糸が痛い。抜くのが気持ち悪い。
傷口を消毒してもらいました。そのとき、消毒液がネグリジェにポタリ・・・。
「ごめんねー、消毒液がパジャマに落ちたけどご了承くださいねー」

なんだと?このネグリジェ、一着いちまんえんもするんだぞ?
すぐさま、部屋に戻って違うパジャマに着替えて、母にブツブツ言いながら消毒液が落ちたところを洗ってもらいました。
とれたよかった←単純

しかし、いつになったら血を拭いてもらえるんだろう…
傷口のとこは透明なテープで保護してあるので、腹帯やパジャマにつくことはないけどね。
11:40 術後の日々
 | HOME |