スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

手術当日・術前

2005/04/22
手術当日です。この日の手術はKさんと私だけ。
手術の時間は8時半から。近くに宿泊していた母は、7時には病院に来てくれました。30分後には、伯父や伯母たちがかけつけてくれました。不覚にも泣いてしまったじゃないか。
手術室に行くまで時間があったので、ロビーで家族と過ごしました。
同室のKさんは、ひとあし早く呼ばれました。
Kさんは持ち前の明るい笑顔で「行ってくるね!あんたも頑張って!」と言ってくれました。私も「Kさん、頑張ろうね!大丈夫だよ!」と言って、Kさんのご主人や娘さんと見送りました。

さあ、いよいよ私の番です。看護師さんが迎えに来てくれました。
素っ裸になって、手術着に着替えます。その上からネグリジェを羽織ります。
一着いちまんえんの高級ネグリジェの出番です。
頭にはシャワーキャップみたいなのをかぶって行きます。
主治医のT医師は、母に「心配しないでくださいね」と話しかけてます。病棟からエレベーターで手術室がある階まで行きます。
「じゃあ、行ってくるね!」
母も叔母たちも涙ながらに見送ってくれました。

ここからは自分との戦いです。不思議とリラックスしていました。
手術室の前室で名前と腕につけているバーコードで本人確認をします。出荷される鶏か豚のようだと思うとおかしくなってしまいました。
「では、ご案内します。こちらが第10手術室です」
げー、ストレッチャーで運ばれるんじゃないの?と思いつつ、案内されていきました。ドラマで見る機械がごちゃごちゃ置いてある手術室の真ん中に小さいベッドがぽつーん。
ええええ、自分で寝るのかよー。怖いよー。
ネグリジェと履いてきたスリッパを担当の人に渡し、ベッドに寝ます。狭くて落ちそうで怖いんですけどー。

そして、いよいよ麻酔です。
あの頼りない麻酔科の先生がいました。左手の甲に注射です。静脈が逃げるらしくて3回くらい刺しなおしました。
痛てーんだよっっ!やっぱり頼りない…。
「あのー、右手じゃだめですか?」と言ったら「いいんですか?」だって。おいおい。あんたたちが判断しろよ。案の定、スムーズに入りました。
次に「硬膜外麻酔」です。腰椎にカテーテルを通して、麻酔を注入して手術中と術後の痛みをなくすというものです。何が痛いかって、注射針を刺すのが痛い。当たり前なんですけどねー。
丸く丸く猫のようになると痛みがあまりないとネットで読んだので、とにかく丸くなりました。うううっ痛い。
麻酔薬が注入されるので、すでに頭の中がグルグルまわってます。
気持ち悪いよぅ~。
まっすぐに寝て、今度は麻酔薬を吸引します。美人の看護師さんに「深~く吸ってくださいね~…」と言われ深呼吸。
うわ~…麻酔薬臭い~…

フェードアウト

02:00 入院~手術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。