腰痛と病気の関係?

2006/05/24
ひとくちに「腰痛」といっても、その原因は、実にさまざまです。
私も、ひどい腰痛持ちで、一時は歩くのさえもやっとという時期がありました。整形外科に行っても原因がわからず、自分なりに、冷湿布をしたり、温湿布をしたり、もみほぐしたりしてました。
でも、全く効果なし。
靴下を履くにも、スカートを着るにも座っていました。
ところが、手術が終わって、ひょいっと腰を持ち上げたら、痛みが全くなかったのです。「痛み」が大きな石だとしたら、その石がスポーンとどこかに行っちゃったという感じです。

私の知人に腰痛がひどい人がいたのですが、その人は、重い病気が原因でした。腰じゃなくて、内臓疾患でした。
ビートたけしさんの番組で「本当は怖い家庭の医学」っていうのがありますが、この番組で取り上げられるのが「腰痛」が危険信号だという疾患の症例が紹介されます。
私の場合も、腰痛が危険信号だったのかなと、今になって思います。

たかが腰痛、されど腰痛ですね…。
16:10 術後2年目 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示