スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

考えを強要してはイカンです

2006/09/25
この病気になったときに、いろいろと相談にのってくれた方がいます。母の友人です。まあ、この人のおかげで精神科にかからなくてすんだし、感謝はしています。
最近、彼女の言動に「??」と思うところがあります。
それは、「病気のことばかり考えていると、病気が向こうからやってくるから、考えないようにしないと」と、繰り返し言うのです。別に、病気になろうと思ってなってるわけじゃないし、考えようと思って考えているわけでもありません。

頭から離れないだけです。

それなのに、何回も何回も「大丈夫よ!病気のことなんか考えちゃダメよ!」と自分の考えを強要してきます。そんなに親しい間柄でもないのに、なんでそこまで言われなきゃいけないんだと、少々腹が立っています。医者じゃないんだから大丈夫なんて言うなよ…。

同じく母の友人で20年ほど前に乳がんの手術をした方は、今でも病気のことについて考えるといいます。
私の知り合いの85歳になるおばあちゃんも、若い頃、2つの癌を克服しましたが、今でも少し異常があるととても怖がります。

乳がんを克服した母の友人は、「考えるなと言っても無理よね。この病気は、なったことがないと、この気持ちはわからないものね。私は、自分の身体のことだから考えてもいいと思う。ひどく落ち込まない程度にね」とおっしゃいました。まったくもって、その通りです。

200608062324000.jpg
秋の夕暮れ
16:18 術後2年目 | コメント(5)
コメント
いい言葉ですね
乳癌を克服されたお母様のご友人の言葉、心にグッと来ました。
考え込んでしまった時、考えないように無理矢理自分に言い聞かせていました。が、そうなってしまうと考えないなんて無理なんです…。
この言葉を聞いてなんだかホッとしました。
気が楽になった感じです。
しょこりんさん、ありがとう!!
うーん
うーん、何というか?
考え方というのは人それぞれナンですね。
自分にとってはいいことでも、他人からみれば全然違ってみえたり、はたからみれば、信念があると思いがちですが
それを強要されるといらんお節介になる
ことも多々あります。

宗教関連でも同じことが言えますよね。

ほんとにいいことなら、理解することを
強要することなく理解、納得するものではないでしょうか?

特に実際に癌になったこともない人間が知ったような口を叩くのには聞いて
いるだけでも、閉口してしまいます。
コメントありがとうございま~す♪
>あっちゃん
身体的にも精神的にも無理は禁物です。
常に頭の中にあるものを消し去るのは難しいですよね。でも、考えすぎもよくないので、バランスが大事ですよね。

>ごりさん
そのとおりですね。心配してくれてるのかもしれないですけど、やっぱり考えを押し付けられるのって嫌ですよね。ほっといてくれよ…って思ってしまいます。
お久しぶりです
お久しぶりです♪一度しょこりんさんにはメールをした者です。覚えてますか?(*^▽^*)ノ
私も6年前?まったく同じ病気でした。
6年経っても考えない日はないです。日々忙しい中、当然いつも考えているわけではないけれど、自分の頭のどこかにはいつもこの病気の事はあります。考える事は当然ですよ!Йё。
軽々しく大丈夫だなんて言ってもらいたくないですよ
あと イヤなのは心配してくれてるんだろうけど
健康食品でこれがいいとか あれがいいとか。
こっちだって ジム行ったり、食事もすごく注意するようになったし 一生懸命なんだから、
余計なおせっかいしないで!と言いたい時があるけど 一応ありがとう♪なんて言ってますf(^_^)

そうそう、病院に検査で行くとこの病気を克服した人は前より綺麗になってる人多くない?
きっとしょこりんさんもますます輝いているはず
きっと同じような体験をした人達は
生きてることを大切に思えるようになったし
やりたいことはとにかく悔いなくやるよね。
お洒落も 旅行も 恋愛も スマップのコンサートもЙё 
生きてるって本当楽しい!

>ありすさん
こんにちは!お久しぶりです。
ありすさんも病気と闘ってらしたんですね。びっくりしました。でも6年経過されたんですね。いいなー。一区切りですね!
病気になって考え方も変わりましたね。後でいいと先延ばしすることもなくなったし、何よりもきれいになりたいって願望が出てきましたよ。やりたいことは悔いなくやる。そのとおりです!
まだまだやりたいことはたくさんあるので、もっと長生きしなくちゃね!

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。