スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

子宮癌患者に100の質問■告知編&治療編

2005/04/22
■告知編■

022 何歳で癌告知されましたか?
[A] 36歳の春。本厄と大殺界ど真ん中のダブルパンチ。

023 すぐに信じることができましたか?
[A] 癌を疑って治療していたので、やっぱり…という感じ。

024 告知された時の心境は?
[A] 頭の中、真っ白。
  「赤ちゃん、産めないんだ…」「お母さん、心配かけてごめん。」という気持ちがグルグル回ってました。どうやって帰ったのか、その日の記憶はありません。

025 「もうダメだ」と思いましたか?それとも「自分は死なない」と思いましたか?(直感で)
[A] ご飯が美味しいから死なないっ!(いつでも食欲旺盛(^_^;))
そして、眠りは浅かったけど、「眠れない」ってことはなかった。

026 告知後、カウンセリングや心療内科や精神科にかかりましたか?
[A] 告知後は「早く治療しなきゃ!」という気持ちのほうが強かったので、落ち込むヒマはなかった。治療後に落ち着いてから、情緒不安定になりやすい。
  あ、500円玉くらいの円形脱毛症を発症してました。(皮膚科にかかった時点で「自力で治りかけ」でした)

027 あなたのキーパーソン(心の支え)は?
[A] 母

■治療編■

028 現在治療中ですか?
[A] 経過観察のための通院のみ。

029 どんな治療を受けましたか?
[A] 手術

030 入院(治療)期間は?
[A] 2週間

031 治療を受けた病院は?
[A] 医大

032 だいたいの治療費は?
[A] 諭吉が30人。

033 1番つらかった治療は?
[A] 最初に「痛いのが苦手」と言っておいたので、痛みを緩和するようにしてもらっていました。つらかった治療はありません。

質問提供:癌々行こうぜ
09:02 Cancer100Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。